« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月29日 (月)

1サイクルが早い

日本海に行ったのが、昨日のようと思うぐらい
1サイクルが早く過ぎていく。
このサイクルは、ほぼ短距離通勤のみで、165km。
かわったことと言えば、ときどき通勤路で遭う
地元のMさんと走っていて、堤防路でも結構キープレフトで走るMさん
左コーナーもイン側をついていったと思ったらパンク。
休日のあとは、デーキャンプごっこをした連中のごみが
やたらと捨ててあり、中には割れた瓶も。堪らん。
仕事間に合ったかしら。

で、公休日の今日はあいにくの雨。
でも乗鞍まで1カ月ぐらいしかないのに、山のぼってない。
雨の中、二の瀬へ。さすがに自転車乗りはいませんでした。
1本目、25分。2本目、25分15秒。
まぁ、こんなもんでしょう。
雨で気温も上がらず、自宅まで心拍を落とすこともなく
走りきれました。

2013年7月22日 (月)

大人の夏休みに一緒させてもらった

昨日はどっぷりと疲れてしまって、バイクもヘルメットも外に置いたまま
盗られてなくてよかったです。

ジャージのお礼を言いに、大人の夏休みイベントのスタート地点、菰野役場隣の
ミニストップに、まだ暗闇の朝4時すぎに向かう。
ミニストップについたら、ちょうど主催者のテツさんもとうちゃくしたところで
やっと、ジャージのお礼が言えました。
テツさん夫婦とお揃いのジャージを着て会ったことが、ちょっと恥ずかしい
気もしましたが、ヒロミさんが「似合ってますよ」なんて言ってくれたのが、
社交辞令だとしても嬉しかったりして。
日本海、一緒に行きますか、なんて誘われたけど、往復200km越えなんて
無理です。

きっと、つきいちでもむりなので、ありがたく断ったのですが
せめて、上石津まで走って別れようと、一緒にスタート。
走ってみると、なんとかついていけそうとと思ったりして。。。。
当然ながら、つきいちですが。

テツさん、beanさん、054さんは、シマノ鈴鹿のTTの練習も兼ねているようで
ローテーションの練習。邪魔にならないようにローテごとに後ろに下がって、
ついてを繰り返していたら、足に負担がきそうな感じ。
すかさずヒロミさん、僕の前に入ってリードしてくれたんかなぁ。
フラフラ走る、僕の後ろが危なっかしいかったんかなぁ。

とにかく、ぼくは 走りやすくなる。ヒロミさんのぺダリング、綺麗すぎる。
テツさんと同じようなぺダリングで無駄なしって感じです。
これが乗鞍女子チャンピオンのぺダリングかぁと惚れ惚れぇ~。
緑の村公園あたりで、僕も、ローテに加わりたくなって、つい2回ほど
先頭に出さしてもらったけど、やっぱ無理でした。
ローテの邪魔しただけでした。

一之瀬を超えて、関ケ原、伊吹と黙々と・・・・無口の僕はさらに黙々と・・・・
上りも下りも足を休めないスピードで、来ちゃったよ、奥琵琶湖。
もう、ここで一人折り返すのも、先に進むのも同じだろうと、
この後も、つきいちで申しわけないけど、最後まで走ることに決心。
敦賀へ抜けるのぼり、3級ぐらいと言うが先が長い。
上りきった時は気分爽快。
下りがまた長い。下ってる途中、帰りはまたここを上り返すんだと思うと、
また微妙に不安。
4人がローテを繰り返し、下りは55k/hを下回らない。
実業団のレースでは、こんなの当たり前かもしれないけど
ここまで、ペダルを回しながら下るのも初体験です。
下りきって、敦賀の駅で記念撮影。
フェリー乗り場で休憩
海上自衛隊のほたかが停泊していた敦賀旧駅舎のある公園でも
すこしのんびりして昼食の○○丼のお店が開く時間を待つ。
早めに、そのお店に行って、11時の開店を更に待つ。
これが正解で、人気の店のようですぐに順番待ち。
1番で待っていたのでよかったです。つぎからつぎへと客がきます。
新鮮な○○丼、順番を待つ人が目に入ると
つい慌てて食べてしまって、あっというまにたいらげてしまいました。

さて、戻ることになります。
だらだらと長い上りは、苦手です。帰り道は車も多く、神経を使います。
でも、登坂車線があるところは、それなりに車道を有効活用。
ピークでは4人を待たせるも、愉しみながら上ります。
琵琶湖への下りも、高速。
僕のテクでは、超ギリギリでした。
奥琵琶湖湖畔を走る時は少しペースが下がったので
景色を眺めて走れました。
峠を越えて、木之本へ。
サラダパンの店の前を通ってもらったりしてからが、さぁ大変。

向かい風の中、伊吹山方面へ
37km/h。ちぎれたらお終い。そして暑い。
そろそろ、コンビニ休憩かなと思ったが
まだ、先にいくらしい。
やばい、もたんかも・・・・。
と思った時、beanさん、パンク。
beanさんには悪いけど、僕にはとっておきの休憩になりました。

その後もペースは変わらず関が原へ。
渋滞の中をすり抜けて、藤原方面。最後の難関
一之瀬を無事?超えて、緑の村、藤原と
くそが付くほど暑い道を走る。
電光掲示板には37℃の表示も。

17時ごろゴールのミニストップに到着。
コンビニのテーブルで乾杯。
頑張りました。200kmオーバー。
つきいちで申し訳なかったけど
大人の夏休み、愉しまさせてもらいました。

ありがとうございます。

自宅からの距離は往復で265km。
僕、一人で走れる距離ではありません。
念願の「日本海を見たい」も達成とあって
感慨深いです。

集合写真、また頂けないでしょうか。

20130721_076 beanさんから頂いた集合写真です。

Nihonnkai2
Nihonnkai4
Nihonnkai3
Nihonnkai5

2013年7月19日 (金)

やっぱり1本

疲れが残っているなぁ。仕事はたいしたことないけど
気づかれ?思いが違うから・・・・・・・目標は同じはずなのに。

昨日は、朝のうちにと思ったが体が動かないし、ときおり時雨れているので
今日は乗るの止めぇ~。夜勤やし。

昼寝していたら、涼しい風が窓から入ってくる。
3時半、よろっと起きて
多度山へ。2本ぐらいはと挑戦するが、やはり1本で十分満足。
いつもと同じで21分ちょい。

帰り道は追い風の堤防。湿度が低く汗が乾く。
九華公園近くで、ちゃんぷとすれ違う。
僕に気が付いてくれたみたいで
声をかけてくれる。これから多度山にいくようで
石川での落車の影響は大事にいたらなかったようで
なによりだ

2013年7月14日 (日)

MS練

ちぎれたら帰るつもりで、アプローチだけでもと思い、MS練に行ってみました。ところが中里ダムまでのアプローチで、もうご馳走さまで、休憩ポイントの自販機で待とうとさたけど、なんとか一周して100KMの走行。僕にとっては高強度の練習でした

パソコンが

逝ってしまいました。僕にとっては、ちょっと大きな買い物したばかりなんで冷や汗もんです。

2013年7月11日 (木)

GかMか

悩むなぁ、暑いなぁ。
38.5℃だって、全国で上位の気温。
日中は乗れません。

2013年7月10日 (水)

多度山1本目なんて

昨日は昼からの仕事だったので、午前中に多度山へ
いつ来ても、追い込んで上らないと上りきれない多度山
あまりにも厳しいので、下を向き、前を見ないで
上っていたら、前から軽トラが降りてきて
おっとっと、とペダルを外して足をつく。
気を取り直して、上り始める。
また下を向いていたら、今度はヒロスケさんが下ってきた。
またもや、おっとっと、とペダルを外して足をつく。
再び、上り始めると、ハイカーに、何本やるんですか?と
声をかけられる。僕は、1本目です・・・・・・・・。
きっと、ヒロスケさんが何本も上っていたんでしょうね。
そして、僕も、ヒロスケさんも同じジャージを
着ていたから、同一人物と思ったんでしょうね。

僕は、僕で1本しか上れないのに、「1本目です」なんて
見栄はって答えたりしちゃいました。

2013年7月 5日 (金)

金一封

Dcim02141
今日は、務める会社の安全衛生週間の大会で
表彰され、金一封、頂きました。
関係者の皆さん、ありがとうございます。
って、関係者のかた、見てないですよね。

封の裏を見て、0が一つ多かったのでびっくり。
gokiso、買えるやんかぁー
顔が紅潮してしまいました・・・・・・・・








見直したら、0の数を見間違えていました。残念。

今日も通勤バイクで元気村を元気に周回して、
その安全大会に出席。
つぎに、何か表彰されるのは、永年勤続賞ぐらいかなcoldsweats01

帰りに、3Kさんによって、チェーンを交換してもらう。
さすがに、14000km無交換だったので、やばいところまで
いっていたみたいです。どおりで坂で力が伝わらないはずです。
帰りは、トルクフルに走れました。脚にもきたけどね。

で、gokisoのことも聞きにいったのですが
他のホイールのことも聞くと悩んでしまうなぁ。

昨日は

雨の中を走ったあとのメンテが面倒だったので
通勤バイクで二の瀬へ
出かけ始めの時だけ、しとしと雨だったけど
すぐにあがって、路面も乾き始める。
かしゃかしゃ、ぎしぎし、、、カーボンバイクのように音が
反響しないので、気にもせず、ほぼノーメンテの
通勤号ですが、チェーンが伸びきっているのか
二の瀬の上りで力が抜ける感じ。
25分もかかって上っているようでは、だめだめです。
それでも夜勤明けで、74km、27.2km/hは
頑張ったほうでしょう。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ