« 脚が重い | トップページ | 素晴らしい »

2011年7月18日 (月)

お休みしていました

すんません。乗鞍スカイラインヒルクライムの次の日からの勤務が長引いて、帰ってきたらバタンと横になっていたのでブログの更新をさぼってました。

その間、通勤で多少の練習はしてましたが、054さんのように、乗鞍の翌日に二の瀬を4本なんて出来ませんです。それにしても、車中で鷹組のHくんが言っていた柿木さんのアドバイスをすぐに実行してしまうとは恐れ入ります。でも、多度山とか二の瀬を数本上ることは、入賞したチームのひらのさんや、リーダー、鷹組のHくんが実践してることやし、今以上に実力をあげるにはそうすることが本当なんやなと思います。

で、乗鞍スカイラインですが、前日の職場の選択遮断の停電により、普段の仕事量の3倍ほどの仕事をして、体調は底辺までおってしまいました。体重は仕事始めより、1.5kg減。背中は筋肉痛で、湿布を3枚貼ってごまかしました。。手を握り締めると開かなくなってしまうような痙攣。じつは、一人で行くならキャンセルのつもりでした。今回は、リーダーが前日受付を快く引き受けてくれたことと、054さんが、こちらの都合に合わせてくれたような時間帯で出発にしてくれたので参加することできました。

快晴の天気の中、前のクラスは次々とスタートしていきます。シニアなクラスは女子、MTBと同時スタート。スタート後はしばらくパレード走行というけど、結構な心拍の上がりかた。微妙に遅いかたも前にいたりしてるので前に上がりたくても上がれずいるうちに、ペースが上がって行きました。実は、このコースは初挑戦というか、エコーラインから夫婦松PAまでは折り返したことがあるのですが・・・・・。その夫婦松PAまでがきつい。にこいちパーツの27Tをつけてきて正解でした。途中、インターマックスな安曇野のかたとペースが合い、交替しながら進みました。ペースが合うといいながらも、実力はインターマックスな方のほうが上。前を引いてくれる時間も長いです。この人についていけばそこそこ前に追いつけるだろうと思っていたら、プシューと空気漏れ。自分じゃなくてインターマックスな方のチューブラータイヤからの音で、完全には抜けていないがパンクの様子。(ゴール後触らしてもらったが5気圧ぐらいだった)彼はペースを一瞬上げて、タイヤの確認。僕はペースメーカーがいなくなり、しどろもどろな走りかたになってしまいました。追い上げているつもりで走っているけど、同クラスには全然追いつかず、落ちてくる前のクラスの方たちだけ。おぉ、シニアなクラスのゼッケンだ。中間ぐらいと思ったが、ADONのジャージのシニアな方に追いつく。結構苦しそう。前に出て、さらに前には、女性が。アサヒなんて書いてあるジャージだったのでサイクルベースアサヒかな、、、、違いました、朝日大学ってことです。審判長の車が後ろについてます。センターラインを越えないようにぎりぎりのコース取り。追い抜いてってと合図を送ると、手をあげて追い抜いて行ってくれました。しばらくは彼女の前に出られたけど、ラスト4kmあたりで、追い抜かれました。同時にシニアなかたにも追い抜かれました。チームのくどうさんが大台で早かったらしいという、京都の方です。着こうと思いましたが脚が回りません。27Tなのにね。苦しくても眼に入る景色は最高です。北アルプスの大キレットも槍ヶ岳も望めます。富士でちょっと慣れたダンシングも使ってつづら折れを上ります。この先は勾配が緩くなると信じ、気合いを入れなおします。道路にカメラマンが寝そべって撮影しています。その横には審判長の車がいました。まるで知り合いのように手をあげてくれているように見えたので、僕も会釈をして通り過ぎました。(まさか、のむたけさんだったかも・・・・・・てなことはないわな)平坦になりました。アウターは踏めそうになかったのでインナーのままで。前は全く見えません。まるで自分がトップでゴールするかのようにゴールラインに飛び込みました。タイムは82分弱。

071001

距離はエコーラインより短いのにこのタイムではと、ちょっとしょげてしまいましたが、マウンテンサイクリング乗鞍の70分ぎりを、性懲りもなしに目標にあげて、もう少し頑張ります。

今回は、054さんの運転で、本当に楽させて乗鞍にいけました。帰りは後席でうとうとしまくりで申し訳なかったです。また、よろしくお願いします。confident

Norikurasl1 Norikurasl2 Norikurasl3 Norikurasl4 Norikurasl5_2 Norikurasl6

« 脚が重い | トップページ | 素晴らしい »

コメント

あまがすさん、どうもです。
くどうさんに、またよろしくと伝えて下さい。鈴鹿のエンデューロなんかも一緒に走れたらええのにね。

ペダルさん、どうもです。
今年は、エコーラインでお会いできないのが残念です。僕が思うだけかもしれませんが、雄大な景色を眺めながら走れるのはスカイライン側やと思います。お試しあれ。

スカイライン,なかなか手ごわそうですね。
登ったことがないので,この秋ツーリングで
行ってみようと思います。

気分をかえて,エコーライン頑張って下さい!

くどうくん、写真喜んでいました。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脚が重い | トップページ | 素晴らしい »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ