« 乗鞍仕様 | トップページ | 下見 »

2009年9月 6日 (日)

二の瀬周回コース

かがみさんの呼びかけで、1周50kmの二の瀬周回コースを3周する練習に参加。右足の甲を痛めているので、3周は無理かと思っていましたが、ぎりぎり走りきることができました。

メンバー K見さん、H野さん、S崎さん、JSRのU田さん、京都の陶芸家 K崎さん、と僕の6名。

コース  http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=6bbf85fbfcac70f2532a4e6f86ac9f31

走行距離 スタート地点までの自走を含めて、174km。

休憩は南濃のサークルK 1回。 多度駅前のお店で 1回。二の瀬の水飲み場で 1回今日は夏日のように暑かったので熱中症にならないためにも水分補給を優先。

右足をかばうような走り方をしていたら、左脚が攣ってしまいましたが、沖縄130km完走への足がかりをつかんだ感じです。

Nec_0361 Nec_0360

« 乗鞍仕様 | トップページ | 下見 »

コメント

●しばざきさん、チューブレスたいやのパンク修理レポートありがとうございます。パンク修理は心配無用ってとこですね。いっちゃいたい気持ちもあるのですが、他に興味のあるものもあるし・・・・・・悩んでいる時が、いっちゃん楽しいです。しばざきさんのBMCのカラーとホイールはいい感じにマッチしてますよ。

●かがみさん、どうもです。二の瀬の3周回は一人ではなかなかできないですが、皆さんと一緒に走れてよかったです。沖縄は脚が攣らないように上りの攻め方を工夫して、また、集団の中で力を温存できるようにすることですね。あと2カ月、もう少し距離を乗って、調整していきたいと思ってます。また日が合えば練習誘ってください。

昨日はお疲れ様でした。130km完走の足がかりが掴めたようで沖縄が楽しみですね
私は久々に200kmを走り、やはり長い、まだまだ完走が難しいと言う感じを持ちました
あと2ケ月、もっと精進しなければと気持ちを新たにしました。

帰宅時に気づいたのですが、後輪が柔らかく水槽にタイヤを浸けて見たところ、プクリ・プクリ。スローパンクチャーを起こしていました。

と言う事で、Tokuさんの気になるチューブレスのパンクレポートです!

エアーを抜いて、タイヤの耳を落として、タイヤを外し(手で簡単に外れました)、パンクしている所をペーパーで磨き、ゴムのりを塗り、少し乾かしてからパッチを張る。ここまで7分。

で、ホイルに泡状になるハンドソープ(たまたま家にあったから)を塗り、タイヤを装着。新品のタイヤでは無いので、まったく力を入れる事なく、スルっとはまりました。

エアーを入れて、もう一度水槽にボチャン。ここまで12分。

...正直、あまりにあっけなく、パンク修理が完了してしまい「...」でした。
(次は10分以内で出来ますね!)

本日話されていた、「乗鞍でのパッチを貼ってもエアー漏れがして...」の人は、ただ単にパンク修理が慣れしてなかっただけじゃないですかね。ペーパー掛けが甘いとか、ゴムのりが乾く前にパッチを張ったとか...

「ゼロ」行っちゃいますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乗鞍仕様 | トップページ | 下見 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ