« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

筋肉痛

28日 駅伝大会出場、、、、、、Photo社内の駅伝ですが、、、、、僕の区間は、たったの320mですが、、、、、これって駅伝大会なんて言うには心苦しい感じもしますが、、、、、、、でも、しっかりと筋肉痛になりました。で、僕の課のチームが優勝。2連覇です。昨年の商品はフグ鍋のセットでした。さて今年は何なんでしょう。

29日 LSD   自宅~元気村~多度~南農~二の瀬~リバティーゴルフ場~アジア選手権フルコース1周、宮妻峡紅葉祭り~自宅  Nec_0231 105km ave26.7km/h いい感じで走れました。ランニングで使う筋肉とバイクでは全然違うねぇ。

30日 きっとチャレバンの日ですが、勤務中でした。それとなく、塔の上まで上ってバンクの方を眺めてみたけど見えませんでした。

2008年11月27日 (木)

今日の一日

Nec_0217 夜勤明け、非売品のチョコ食べてから

Nec_0219

ポタリング

Nec_0222

写真撮っていて、急に、ヘッドパーツ、錆びていないかなぁ~、沖縄の雨で、、、、、なんて思ったりして

Nec_0224

坂も上りたくなって

Nec_0229

帰ってから、息子のネコとじゃれあって

Nec_0228

本日、終了

昨日と、今日で110kmの走行

2008年11月25日 (火)

晴れ時々雨

なぜか、走りに行こうとすると、雨がぱらつく。で、すぐに戻ってくる。これを2回繰り返して14kmの走行。

TREKの後輪のすり切れた練習用タイヤ交換、、、、、、、、まだ乗るつもりでいるのか、、、、、まだ乗れるのか、、、、時間がとれるのか、、、、、通勤は自転車通勤を継続するから、、、、なんて自分に問いながら、、、、、、。

Nec_0215 ユニクロで通勤用防寒グッズ購入。

2008年11月24日 (月)

10日以降は

11日、気が抜けた感じ。めっちゃ脱力感。何もしたくなくなる。

12日、ゆっくりと、多度、涼仙へ。50kmの走行。帰ってから、シートピラーを抜いて水抜き。ジャボジャボと水が出てきた。何度とTREKを振り回して、乾燥。その後の組み付け。最近は、これを使ってますが、今まで僕がしめこんでいたトルクよりきつく締めることになってしまう。精度はいまいちだったりして。

Nec_0194

13日、14日 自転車通勤

残業もなく定時出社、定時退社

15日、勤務変更してもらって、ms97の忘年会。どうも胃拡張状態みたいで、飲むは食うはで、ちとやばい。栄太郎の料理、僕好みで美味しかったです。

宴会の〆は乗鞍チャンプNec_0208

20日、久しぶりに、SCOTTに乗る。サドル、カイマノFXの後ろが若干せりあがっているのが、妙にきになり、手持ちのセライタリアSLRにして、元気村をポタリング。しばらくTREKばかり乗っていたので、ポジションもしっくりこない。TRKと同じように、ステムも2mm下げる。

21日、22日、両日とも元気村を1周して自転車通勤。残業もなく、定時退社。

Nec_0210 出勤時

Nec_0212 退社時

23日 練習会。朝明公園まで自走。Bチームで関まで走って、途中離脱。R1を一人、ペダルを踏み倒して、川越まで。95kmの走行。本日の練習会のメインディッシュ蝙蝠峠に行けなかったのが残念。昼からの出勤も自転車通勤。

Nec_0213練習会スタート前

2008年11月14日 (金)

パンク

11月になってから、通勤バイクが3回パンクした。それも2回は仕事帰りに乗ろうとしたらのパンク。誰かに悪戯されているのとちゃうやろかと思うほどでしたが、沖縄前ってことで、段差も気にせずに、海岸コースの通勤ルートをがんがん走っていたのでリム打ちしたところのパンク。タイヤもぼろいタイヤなんでサイドのケーシングがへたれているんだよね。冬のボーナスで通勤バイクのタイヤとチューブも買わなくっちゃ、、、、、、っていろいろあって、フレームは、今年はパスかな。

2008年11月12日 (水)

続き

市民200kmの集団が通り過ぎてから、ようやくスタート地点に移動。僕はやはり後方でかまえる。後ろには数列しかいないってことは前に300人ぐらいいるんだなぁと、、、、、。20分遅れ?でようやくスタート。ぐんと速度が上がるが、向かい風とゆるい上りこう配で速度が落ちる。「ぶれーき」「ぶれーき」と声がかかる。トンネルを抜けて右折。トップ集団は見える位置。ここで、僕は去年のこともあり、追い込むのをやめてマイペースで上り始める。抜かれることはないが、前はどんどんと離れていく普久川のCPは無事通過。10人ぐらいの小グループで奥を目指す。この辺のメンバーだと、僕でも前へ上がっていけてしまう。。(後から思うともう少し上げてもよかったかも)昨日、試走したところなので、コースは読めて、下りも怖くない。奥のCPを1時間9分台で通過。そのあとの上りも余裕をもって上る。辺戸岬からは追い風。僕の下手な交替、ごめんして下さいって気持ちで、先頭交替しながら、与那をめざす。(ここもぐっと堪えて後ろについて行けばよかったかも)トンネルの中にはボトルが落ちていたり、隅に座り込んでいる選手をみかけた。(後から聞いた話だが、トンネル内はスケートリンクのように滑り、大落車があったそうだ)トンネル内は、チームの仲間がよく滑ると言っていたので、ぺだリングを一定にして、ラインをちょっとずらして走った。2回目の普久川への上りが始まる前に、グループの中で、「やーやー」言っていた人が離れる仕草。左折して上りが始まった。右足がぴくぴくする。グループは良いペースで上って行く。ついていけない。一人ちぎれてダムを目指す。まだ大丈夫だと自分に言い聞かせて、上る。アスリートソルトを舐めたら、回復。ちらほらとこぼれてくる人をパス。ダムまでの下りコーナーには、誰か一人はこけている感じで、路肩に座り込んでいたり、救護車が止まっていたりしていた。上りで抜いて行った人は下りが苦手のようで、数台を追い越し上り返して給水をとる。安波までの下り、僕も下りは苦手なんだが、O山大学(桃のジャージ)の人を抜く。上りになると追い越されるパターン。高江への上り口で、応援している人が、時計を見ていたのが気にかかった。関門の時間だったのだろう。あきらめずに、インナーに落として上り始める。脚には余裕あり。2回目の普久川への上りで僕を置いて行った人も抜いて上り切り、高江のCPへ、、、、、、赤旗が振られていて、今年も沖縄が終わってしまった。2時間55分台。(あとで、ちりりんRCの方にいただいたタイム表を見ると、定刻にスタートしていたら、ここの関門は通過できたようだ。残念)次から次へと関門を通過できなかった選手がCPに入ってくる。大型トレーラーの回収車にバイクを積み込み始めた。みるみる1台の大型トレーラーが満車になる。

バスに乗りたくないなぁ~と思って、バイクを預けるのを躊躇していたら、ウィンドブレーカーを着てぽつぽつと走り出す人がいた。WAVE ONEのかたも、一人で走って行った。アームウォーマー持ってるし、僕も走って帰りたい気持ちが膨らむ。しかし、役員に咎められては申し訳ないので、シーバーを持った役員に聞いたら、行けるのなら行ってもいいよと了解を得る。ゼッケンを外し、アームウォーマーを付けて走り出す。しばらくすると大雨が降りだす。レース中よりも酷い。携帯電話も持ってないし、パンク修理キットも予備チューブもないので不安になってきた。平良の手前までくると、後ろからHOT STAFFのジャージの二方が追いついてきて、源河経由で戻るとのことで、後ろについて走らせてもらう。ゼッケン867と910のお二方、ありがとうございました。特に867の方には源河から会場まで、ずっと引っ張ってもらいました。本当にありがとうございました。

脚は、筋肉痛にもならないほどで、今年は追い込みが足らなかったのが一目瞭然。ちりりんRCタイム表をあらためて見ると、ほんと、定刻のスタートなら完走できたと思うと、ちと悔しい。でも完走できなくても落車なしでレース出来たし、自走で帰って来れたので、変に満足した気持にもなりました。

長い時間、待ってもらった、コナさん、かがみさんありがとうございました。どろどろになったバイクを、塩水だけでも落としとこうと言って、洗車してくれた岩さん、ありがとうございました。

バイクを積み込み、那覇に帰り、鳥料理のお店で飲み会。自転車乗りと一緒に飲むのは、会話の少ない僕でも楽しい。また来年・・・・・なんて・・・・・・

http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?key=1292542&un=36121

2008年11月11日 (火)

二の瀬の出来事なのね

http://www.asahi.com/national/update/1111/NGY200811110016.html

残念ながら

ツール・ド・沖縄 今年で2回目の参加。前回の失敗を鑑みて、練習量は昨年の1.5倍こなしてきた。これなら関門ぎりぎりかもしれないが、何とか完走できるだろうと思っていた。もう一つは1回目の普久川ダムへの上りで追い込み過ぎて後半もたなくなってしまわないように考えていた。

職場はてんやわんやの状態であったが、ツアーをキャンセルしたら損してしまうし、前もって休暇取ってあったのだからと、無理を言って休ませてもらう。職場の仲間には本当に申し訳ないです。そんなことだから絶対に完走したかった。

沖縄に到着した金曜日は、所によりスコールのような雨。オクマリゾートに着いて、その日はバイクを車から降ろさず、のんびりとすごす。

土曜日、なかなかいい天気。天気予報では午後から雨と伝えている。朝食をとってから、普久川ダム、奥、辺戸岬と70kmのサイクリング。沖縄に滞在していたなかで、このサイクリング中だけが晴れていたNec_0198

Nec_0201 

Nec_0202

レース当日、風が強い、雨は横殴りだ。同宿の二人は、この雨の中のレースでは危険を感じると、DNSと決めていた。僕はぎりぎりまで悩んで、出走を決意。二人には申し訳なかったけど、練習の成果をみてみたかった。雨は若干小降りになる。ホテルの前で軽くアップしてからスタート地点へ。どうせ後方からスタートするつもりだったのでゆっくりいこうしていたが、出走表を出さなければならないのでその時間に合わせて集合場所へ。チームのY岡さんは昨年の成績でシードされていて、一番前に並べてある。スタート時間は8時35分ごろとなっている。頃というのは、チャンピオンクラスが通過してからでないと、市民130kmはスタートできないのだ。雨、風の影響でチャンピオンクラスのレース展開が遅く、35分になっても現れない。スタートが遅れれば、関門の時間もその分延長になれば、問題ないがそうもいかないようだ。40分ごろチャンピオンクラスのトップが通過。集団はなかなか通過しない。ようやく大集団が通過したが、どうも市民200kmが近づいているらしく、それも待つことに・・・・・・・後方に並ぶ人は、みな関門ギリギリで完走できるかどうかってとこなので、みな同様の気持ちのざわめきが聞こえる。当然、僕もそのうちの一人だ。コナさんの知り合いに、コナさんはどうしたのって?3回ほど聞かれた。そのうちのちりりんRCの方に、関門の時間と平均速度を記したち密に記したカードをもらう。

・・・・・続く

2008年11月 6日 (木)

いよいよ

明日、出発です。天気予報はcloudrainと気がかりですが、晴れ男の僕が出場するのだからレース中は大丈夫でしょう。参加のみなさん、期待しててね。


















実は、職場はてんやわんやの状態で、休暇とることに後ろ髪を引かれてる感じがするのですが、まぁ、僕がいてもいなくても、大差ないようだから休むことにしました。

帰り際に上司に呼びとめられて、滅入ることを言われましたが、きっぱりと断ったりして、、、。今、僕はいろいろと考えることがあって、何に対しても集中力にかけているのです。

2008年11月 3日 (月)

少しだけ

11/1 夜勤早出、今日も12時間勤務。脚がだるいが、少しだけ回しておこうと元気村を3周回。2周目にGIANTにDHバーを装着したローディーに会う。鷹組の方で、僕のことを知っていました。鷹組の方にはよく会う元気村コース、なぜかチームのNさんとはなかなか逢いません。 28kmの走行

11/2 夜勤早出、今日も12時間勤務。 昨日、少しだけ乗ったせいか、脚が軽くなった。多度、涼仙ゴルフ場、大泉と平均心拍140を目標で、50kmの走行。ave 30km/h。走り終わって、風呂に入り、早い夕飯を摂ったら、出勤時間。

11/3 明け休み、昼まで仮眠をとって、ゆっくりとイナティー経由で二の瀬へ。腰で踏むように意識してアウターで上る。峠から庭田まではいつものように、とろとろとゆっくり下りめちゃ遅い。堤防は130拍ぐらいで31~33km/h。こんな感じで走るのが一番気持ちいい。74kmの走行。 明日は短距離を追い込んで走ってからパッキングの予定。明後日からの仕事が深夜までの勤務になる可能性もあり、落ち着いて準備ができるの明日限り。輪行袋の中のバイクを保護する、ぷちぷちも手に入れなくては・・・・

Nec_0192

2008年11月 1日 (土)

乗れない

やべぇ~。全然乗れない。時間がないとは言わない、12時間勤務の連続で脚がだるくて、通勤がやっと。帰りは、いつもふらふらです。

通勤時の風景

Nec_0196 止まり石

あまりにも乗れないので、昨年のパンフレットを見てイメージトレーニング。やっぱ、限界で走っても関門ぎりぎりだ。乗れない今は、休養と考え、疲れをためないようにして、昨年の二の舞にはならないようにしよう。

Nec_0195

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ