« 続き | トップページ | 社内駅伝 »

2007年11月28日 (水)

まだ続きます

まだ続きます。もう読みたくない?なんていわずに付き合って下さい。

普久川からの下りは、動かなくなった脚を緩めるのにちょうどよかったです。周りにはちらほらしか走ってません。みな、あきらめながらも先に向かいます。下りきったとたんに高江への上りが始まりました。上り口には数人が座り込んでいました。皆、脚が攣ってしまったんだろうなと思いながら、よたよたと上り始めます。練習しているとき、○安の消防士さんが言っていたっけ、彼もここでリタイヤしたって。丘に上がるとアップダウンが続きます。11時30分、パトカーが後ろからやってきました。「おつかれさまでしたぁ~、交通規制は終了します。左によって走行してください」と言って追い越されました。一山上って下ったら、高江の関門につきました。何人ぐらいだろう、100人以上はいたみたいです。バイクをおりて、バナナとアクエリアスをもらって、座り込みました。空をながめると、涙がジワっとでてきました。水とテッシュをもらってサングラスにこびり付いた汗と涙を拭い取りました。バイクを大型トラックに積んでもらって、バスに乗り込みます。バスはレースコースを走ります。源河の坂までくると、進んだり、止まったりします。前方にはパトカーや、レース関係車両がいます。その先には関門を通過した選手が走ってます。下りになると、またバスは普通に走り始めますが、上りになると止まります。そうこうしているうちに、58号線にでました。また悔し涙が出始めます。ゴールまでの距離が表示されてます。バスは大会会場につきました。預けた、輪行函と荷物を取りに行きます。暫くすると、自転車を積んだトラックがやってきました。そのトラックは普久川ダムから乗せてきたとのことで、ぎっしり詰まってました。待つこと10分、今度は高江から僕のTREKを積んだトラックが着ました。こちらもぎっしり詰め込んでいます。ハンドルとホイルが絡まったりしています。バイクを下ろしてもらって、輪行函に詰め込みます。荷物の受け取り場所の隣で、バイクの宅配受付をやってます。箱がなくても、ここで購入しておくることも出来るようです。航空便なので3日ほどで着くというのに、料金は通常の半額の大会料金でした。昼食券でカレーライスを頂き、貪り食いました。なんとか完走だけはしたかっただけに、無様でした。

航空便 5100円

三泊目はコナさんご用達、那覇の船員会館で泊まりました。

1泊 3000円(素泊まり)

夕食はy岡さんから教えてもらった、{おもろ殿内}をコナさんがきっちり予約を入れておいてくれて、沖縄創作料理と泡盛を堪能しました。・・・・・・・ちょっと苦いお酒やったけどね。成績がもっとも目標に近い人が、ごちになれるって決めていて、僕の目標は95位やったんだけどね、、、、DNF。ターミネーターのT木さんがもっともニアピンでした。

お酒も飲んで、ゆったりと床につき、翌朝は、国際通りをぶらぶら。薬局で湿布薬を買ってその場で塗らせてもらったりしてました。市場の方にも足を向けたかったけど、歩き回るのがつらかったので、ゴーヤを模ったベンチで休んだりしてました。昼食も、コナさん推薦のお店で、開店前に行列が出来てました。お値打ちで、おいしい、ふちゃんぷるを食べました。

おいやげを買ったりして、レンタカーを返却し、空港へ。

飛行機の中では、隣りの席に別府匠選手、その前に、西谷泰治選手とアイサンのメンバーと乗り合わせました。アイサンが優勝していたら、声をかけていたけど、2位やったからな。西谷さん、むずかしい顔しとったもんな。

そんなこんなで、中部国際空港に着き、帰りも船に乗って帰宅となりました。霞コンビナートのフレアーの火を見て現実に戻った感じです。

来年はリベンジだと今は言えないけど、またボチボチと乗り始めてます。しかし、まずは85Kを完走してから130kに挑むべきかとも考えてしまいます。

130kは、丸岡で言ったらチャンピオンクラス、着は争えないってことなので、ある程度の追い込みはいいが、無理したら後でつけが回ってくるのは確実。スタートから6kmは集団が神経質になっているので、後ろからスタートしたほうがいいかも。上りに入ったらすぐにバラける。下りは安心できるほどのコースなので、1回目の普久川は絶対無理しない。集団についていくのがきついと思ったら、すぐ後ろの集団に切り替える。給水は早めに摂る。痙攣防止にアスリート塩がいいらしので、今度買ってみることにする。完走への道は高江からの上りであると思う。島の風が強いので、前傾姿勢で走り、抵抗を減らす。連取での距離を延ばす。アップダウンのコースに慣れため涼仙ゴルフ場の周回か県民の森で練習する。と、まぁとりとめのないことを書いたけど、来シーズンも自転車ライフをエンジョイしたいと思ってます。みなさんよろしくお願いします。

« 続き | トップページ | 社内駅伝 »

コメント

きたさん、どうもです。長々、だらだらとした沖縄レポート読んでくれたんですね。ありがとうございます。一度はチャレンジしたいと思って、僕にとっては、かなり贅沢な自転車レースだったので完走はしたかったです。実力が違う面々と走るのに、わかっていてもつい無理してしまうなんて、まだまだ青いです。でも、いい思い出になりました。来年はどうするかって、まだわからないです。お互い、衰えていく体力に打ち克って乗鞍は行きましょう。きたさんは、NEWジャージで出場ですよね。

どんなべさん、どうもです。やっぱ27t要りましたぁ。いつものように踏むペダリングではだめですね。今度走れるなら、廻りの雰囲気に飲み込まれずに走ります。今年の乗鞍で降りてきてから、宿に戻るときのアップダウンで、どんなべさんについていけませんでした。あの力が僕にもいるようです。幾つになっても勉強です。

かがみさん、どうもです。納会の時、かがみさんを見て、あまり肥えてなっかたんで残念です。なんて。来シーズンは一緒に走れるときがありそうですね。また、よろしくお願いします。中国でのお仕事、風邪を引かないようお大事にしてください。

m本2号さん、どうもです。諸事情によりなかなか練習会に参加できませんけど、Bチームで一緒になったときはよろしくお願いします。きっと、すぐにおいていかれる様になってしまいそうですが、、、、。アスリートソルト、やっぱいいようですね。使ってみることにします。その前に、僕は普段からもっと給水とか補給を取る癖をつけとかな、あかんようです。また、会えるときを楽しみにしてまぁ~す。

初投稿失礼します。
自転車レースの経験が殆どない私が言うのも何ですが、ぜひ来年こそは実力をそのまま発揮されリベンジを果たして下さい!
「アスリートソルト」いいですよ!おすすめです!
ヒヨッコの私が言うと説得力が落ちそうですが…先日のトライアスロン(ロング)にてバイク中数回に分けて摂ったところ、ランでも脚が攣らず自分なりの快走ができました。
Bチームに参加させて頂く事になったので(さすがに練習はご一緒できませんが;)またお会いしましょう(^^)

とくさん、目標通りには行かなかったようですが色々と得るところはあったレースでしたね。
私も中国は何とか3月迄には終えて4月から復帰して沖縄を目指す積もりです。リベンジしましょう。
12月3日から 寒~い大連です。

 とくさん、お疲れ様でした。まぁ経験からは、補給とペース配分、グループ走行が鍵ですね。普久川登り一度の私でも、初回は登りで頑張りすぎて、最初の安波の登りで脚が攣りました。で、2回目は抑えた結果、有銘(源河)の登りまで攣ることなく持ちました。とくさんなら130の完走は簡単ですよ。

とくさん,レースもリポートもお疲れさまでした。
楽しく(ちょっとほろ苦く)拝見しました。
高度と距離と強度のバランスをとって強くなるには手間と暇が要るのですね。
ボクですか?どんどん軟弱になってます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続き | トップページ | 社内駅伝 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ