« 空白の1サイクル | トップページ | ウィダー鈴鹿エンデューロの続き »

2007年11月 7日 (水)

うぇぃ~

だぁ~鈴鹿8時間エンデューロ ロード走りました。チーム名 Maxspeed97 Bteam ゼッケン66。関東支部Sさんには出場に関していろいろお世話になりました。京都のKさん、いつまでも走れそうな体躯、さすがツールド信州を走っているだけあります。ゲスト参加ありがとうございました。H君も自ら1走で2時間?(^^)のところ1時間30分やってくれました。場を盛り上げてくれたHさん、ビールが無かったのが残念そうでしたが、ペダリングは軽そうでした。で、で、でぇ、僕は3走目でした。Kさんのあと2周という合図を聞いて10分ぐらいしたら、スタート準備でもしようかとバイクによってスタンドを外していると、「いいですかっ!」とKさんの声が背後から聞こえてびっくり。Kさん、後輪をパンクさせて走ってきたのだ。慌てて、チップを足首に巻いてもらい、ダッシュでゴー。アンカーの選手に並ぶと後ろについて下さいと言われて遠慮なくつく。アンカーの一人は飯島選手だったかも、一般が僕をいれて3人。でもソロで走るならいいペースだったが、いまいちスピードが出ていない。1周は先頭交替しながら走ったが2周目のスプーンカーブへの上りで前に出すぎてしまい、待つのも何やなと、そこから単独走。単独になると、いっぺんに心拍が上がる。へろへろと落ちてきたら、しっかりとアンカーさんたちに追い越され、置いて行かれちゃいました。そのあと髪の毛を後ろに束ねた、TREK乗りさん他2名と、回しながら走る。TREK乗りさん、(ジャージの背中になんとかmagaginって書いてあったような。なかなかレースを知っているようで風向きによって、右に回るか左に回るか指令を出している。結局、僕とTREK乗りさんでペースをキープして2周回、次にピットに入るよと声をかけたら一緒に入りましょうって言われて着いていたら、もうちょっとで本当のピットに導かれそうでした。僕のピットはシケインの上でーす。と伝えて、他2名を引き離し、ホームストレートを突き進み、シケインのピットロードへ。Sさんにバトンタッチじゃなくチップタッチ。・・・・ 続く

« 空白の1サイクル | トップページ | ウィダー鈴鹿エンデューロの続き »

コメント

お疲れ様でした。ようやく筋肉痛が治まってきた感じです。自分の能力以上の走り方をしたみたい。来年は、うまく集団にのって、Aチームとの差を縮めましょうぜ。

お疲れ様でした。また監督ありがとうございました。監督の下で来年もまた走らせてください。少し休んでまた精進します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空白の1サイクル | トップページ | ウィダー鈴鹿エンデューロの続き »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ