« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月28日 (火)

乗鞍回想

25日 どんなべさんのストリームに3台のロードを積み込む。どんなべさん、いつのまにか自作の固定台を作ってきてくれていたので、固定もしっかりしている。乗鞍までの道のりも安心でけました。乗鞍の会場についたら、さっそくSCOTTのブースに立ち寄り、調子の悪かった、シートクランプを見てもらう。ヤグラごと新品に交換。忙しい中、SCOTTのY田さんにサドル位置の微調整までしてもらう。ありがとうございました。、、、、ってここに書いても見てないか。美鈴荘で一泊。雨の心配がなかったのと、ここ最近、家で熟睡できなかったのでよく寝ることが出来た。

26日 ほとんどアップせずに、集合場所につくと、Fクラスに20台ほどの自転車が並べてあり、その後も、続々と選手が集まってくるので、もうアップには行けない。バイクを置いて90分間、ストレッチしたり、うろうろしたり。どんなべさんも近くに並んでいる。チャンピオンクラスから順次スタートし、F・Gクラスもスタート地点に移動が始まる。いつのまにか、隣に
フルサスのMTBが混ざっているやないの。ハンドル幅も広いし、こんなんにひっかけられたら大変と躊躇していたら、ずるずると後ろの方に下がってしまい、20列目あたりか?どんなべさんは、前の方にいる。しらびそ高原ヒルクライムで、競り合って負けた、ケースエバニューのジャージの方は集合地点の時は僕より、後ろにいたけど、スタートのときは僕の前だ。じょうずやなぁ~。いつものようにコンパニオンがプラカードを持って1分前の合図。30秒前、15秒前とカウントダウンが始まる。心拍があがる。スタートと同時に、ケースエバニューに追いつくまでフルスロットル。と思いきや、左側のほうでざわめき、、、、、、落車ぁ、、、、、気の毒に、ヒルクライムで落車なんて。国民休暇村手前の橋でケースエバニューに追いつき、僕はコバンザメ状態。ペースが一定で安心してついていく。ここで前に出たらきっと後で抜き返されると思い、我慢していたが、ちょっと調子が良くないのか、僕の脚が余っている感じがした。5Kmぐらいのところで追い越す。つぎの目標は、、、、、マホロバの方だ。なかなか追いつけなかったが8KMすぎで、追いつき、またコバンザメ状態。しかし、1kmほどついていけたが、またじわりじわりと離されていく。荒れたコンクリート舗装まで無理は出来ないと、ペースを控える。で、そのコンクリート舗装が、きれいに修理されていた。インをとってもアウトでも、ライン取りは周りを見ることが出来たら自由自在。僕は34×25Tで、イン側をクリクリまわして上る。これが、まずかったのか、この後もついつい25Tを使ってしまう。脚はらくちんやけど、心拍は上がりっぱなし。空気も薄く感じ、胸が痛い。ここまで、順調に前のクラスを追い越していたが、3分後にスタートしたEクラスに追い越され始める。これについて行けたらと、23、21Tでもがく。今度は脚が重すぎる。ラスト4KMからは、同じペースで走っているような人を目標にして、あえぐ。タイムは見ていない。ラスト1KM。スパートをかけるも、500mで失速しかける。こんなん体に悪いと思いながらも、さらに喘ぐ。ゴールと同時に、メーターを外す。タイムは見ていない。休憩場まで行くと先にスタートした、M原君がニコニコしている。「10分切れました」「おめでとう、やったね」と言いながら、外したメーターを読む。「14分台」、、、ガビーン、、、、ちょっとショック。軽いギヤーを使いすぎたのが原因かなぁ。回転力の無い僕は、やはり、ゴール手前で脚がピクピクするぐらいのギヤーを選択したほうがいいかも・・・・乗鞍は34Tより36Tか38Tが僕の脚に合っているのかな。保険としている25T、あったらあったで使いっぱなしになってしまったのも、ちと問題かな。また、来年の課題にしましょ。それよりもっと練習しましょ。

乗鞍のゴール後の写真、カメラのスイッチがずれていて上手く取れてません、ちょっと補正して載せます。よかったら見てみて。

http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?key=1098508&un=36121

2007年8月26日 (日)

乗鞍の結果

マウンテンサイクリングin乗鞍 結果速報・・・・なんちゃって

1時間14分37秒。もう70分なんて夢なんかなぁ~って感じです。でもゆめは持ち続けます。

どんなべさん、Mもとさん夫婦、M原さん、お疲れ様でした。詳細は後日。

2007年8月23日 (木)

よしっ!!

気温も低かったし、風も味方してくれたので、武平でようやく35分台が出た。これで気分良くして乗鞍に挑めるよん。お祝いに、岩さんに頂いた器で、こんなん空けてしまったり、、、、やば。1357

2007年8月17日 (金)

乗鞍まで、あと9日なのに

丸岡で思うような結果が出なく、そのまま夜勤を勤務するなんて、いつまでも若いつもりでいても、50を過ぎた中年には無理があったみたい。それでも、この間に、武平に3回ほど上ったりしていたけど、タイムなんて言えないほど、とろい走り。これも体に無理をしたみたいで、夏ばてぇ~って感じです。今朝ようやく体調がよくなってきたみたいだったので、5時半に起きて白梅の丘コースを3往復。苦しいぃ。そのあとの仕事が、仕事にならん。乗鞍まであと9日なのに、目標変更します。75分を80分に訂正します。80分で走れなかったら、沖縄は完走できないだろうと思うので、DNSになったりして、、、、、でも応援は行くから。

乗鞍はどんなべさん、M原さん、M本さんと僕、今年はチームから4名の出場のみとなり、ちと寂しいが、M本さんがチャンピオンクラスで一発かましてくれるだろう。また鈴鹿は鈴鹿で、今年もチームロード、リーダー、Y岡さん、N西さんの優賞も期待できるし、もりあがるでしょう。今の僕、丸岡で夏が来て、乗鞍、鈴鹿で夏が終わるって人生、あと何年続けられるだろう。ここ最近、いろいろ訳あって、気が弱くなってきたなぁ。

そうそう、長男が会社の先輩たちに、MTBで多度山の林道を走りに連れてってもらったみたい。長男は、僕と同じで、運動音痴やし、体力が全然無いし、町乗りMTB風の自転車やし、皆に迷惑をかけたみたいで申し訳ないです。でも、電話で、死ぬぐらいえらかった(疲れた)と言いながらも、今日の出来事を楽しそうに話してました。どうも、ありがとうございました。・・・・・この調子でいくと、また長男と乗鞍にいけるかも、なんて思ったりして。

2007年8月 7日 (火)

沖縄130km

丸岡の27kmでもいっぱいいっぱいだったのに、沖縄130km申し込みました。市民80kmは締め切り間近で、市民130、200kmも早めに申し込んでくださいと、HPに書いてあります。リーダー殿、ご確認を。

二日間の夜勤は、さすがにしんどかった。丸岡のレースのことでけが人が多数出たと、全国ネットのニュースで放映された。来年の開催は?と心配される。小学校の駐車場でのんびりしていると、来賓の人が「どこからこられたのですか」「楽しんでいってくださいな」と言って話しかけてくれた。○○市の教育委員会のお偉方だったが、来年も開催されるよう、よろしく頼みますよ。

夕方、多度~涼仙コースを30km/hで軽く走る。明日は早朝山岳練習予定。・・・・・起きれるかなぁ。

2007年8月 6日 (月)

丸岡シニアC

妄想のような目標から

スタートは後方からじわじわと前に出て、たけくらべを過ぎて、二車線になったら、前方が見えるところまで上がり、千古の家の先、川が左になったところで(リーダーの助言)前に出て、数人のグループに絞込み、トンネルに入る。下りは、その数名の後ろについていく。平地になったら、先頭交代しながら逃げる。後ろから追いついてきたグループと一緒になり10名の集団。曽々木の丘で飛び出す。左コーナーをトップで通過。逃げる。追いつかれて、また10名の後ろ。そのままゴールスプリントを後ろで眺めてゴール。

で、現実は、、、

スノーシェードの車線が狭くなったところでパイロンに激突して落車するのを見てびびってしまったが、千古の家までは、妄想通りに運んだ。が、やっぱ、夢でした。風と上りを考えてか30人ほどの集団はペースがあまり上がらないまま、上り続ける。2回ほど、危険を回避しようと集団の中ほどで、声が上がる。勾配が、徐々にきつくなってきて、皆、けん制しているのか、さらに速度が落ちる感じがした。川が左、川が左と思っていながらも、つい前に出てしまう。10mほど飛び出た。すぐにたれるだろうと泳がされた感じ。このままトンネルまで上り、KOM(実在しないが)をとってやろうなんて思ったのもつかの間、トンネルまで、僕の力が持たなかった。左によけて、集団を見送る。なんとか、後ろにつきたかったが、足が足らない。トンネルに入ったときには、集団が見えなくなってしまった。60km/h以上で下るも、集団は、もっと速いからさらに離されて行ったのだろう。平地になっても、集団はまったく見えない。紺色のジャージの方と声をかけあい先頭交代しながら、追い上げを試みる。さらに追いついてきた白のTREKが、がんがんと引いてくれる。僕は、いっぱいになり、引けなくなる。後ろにはTCCの人がぴったりとついている。その後ろには追い抜いた岩さんもついていたそうだ。曽々木の丘では、第一集団ではないが、妄想していたように前に出てかけあがり、先頭で左コーナーをオーバースピード気味で曲がる。ずっと先に、第一集団が霞んでみえたような感じもしたが、きっと幻覚やったんでしょうね。小集団の後ろで、左足を攣らせながらのゴール。TOPと52秒差。29位。TOPからはちぎれてしまったけど、小集団で先頭交代しながら、レースの雰囲気を味わえたから、良しとしましょう。

2007年8月 3日 (金)

オルカ

7/31 元気村 3周回の中、300m×10本のインターバル。そのまま多度、墓地公園へ。60kmの走行。その後、家内と本物のオルカを見に行く。目的は、帰りにFサイクルによって、通勤バイクのチューブとチューブラータイヤ2本購入することなんだけどね。夜にパンク修理、チューブ交換。先日パンクした決戦ホイールもミヤタのリムテープを貼り付け、タイヤを取り付ける。タイヤは予定外の出費で、きついなぁ。

8/1 自転車通勤。帰宅後、多度最短コースを1周。38kmの走行

8/2 自転車通勤。仕事疲れ。休養

1339

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ