« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

パンク

明け休みの昨日、1時間ほど仮眠をとって、白梅の丘コースでもがくつもりが、2km走って、T字交差点を左折したと思ったら、パチッ、プシュー。旋盤屑がタイヤサイドに刺さり、切れてしまう。今回はチューブラー・・・・・・ビットリアCX・・・・涙を出しながら、タイヤ交換。気を取り直して走り始めたら、またプシュー。また旋盤屑が突き刺さってしまう。今朝の大雨で路肩に溜まっていたタイヤの天敵が流されて出てきていたのね。この前、雨上がりはパンクしやしやすいと自分で言っていたばかりなのに。シューズを脱いで、アスファルトの上をソックスで一歩一歩、踵から脳天にショックを感じながら歩いて帰る。

夜は職場の懇親会。夜勤明けで疲れているので、飲みたくないし、話聞いていても面白くない。で、閉めのあと、そそくさと帰る。

さて、今から堤防周回でもがいてきます。

2007年7月28日 (土)

36分

昨日、午前0時帰宅。TDFを3日ぶりに見たら、コンタドールがマイヨを着ている。ラスムセンは?なるほど、そうゆうことなのね。ビノクロフといい、ドーンと極端に強いステージがあれば、がっくりと落ち込むステージがある選手は何かあるんかな。昨年のランディスもそうやった感があるし。で、夜勤の入りの今日は、早出を宣告されたのでロングは諦めて武平へ。希望荘をすぎた辺りで、後ろから写真の人が「チワー」って軽く追い越していく。みるみる離されていく。今日は僕も結構乗れていると思ったのに、がっくし。彼、33分。僕36分。武平でちょいと休憩してから、彼の後ろについて下る。無理の無いコース取りで抑えてくれていたみたいで、安心して後ろについていけた。やはり下りは、巧い人の後ろについて走るのが上達する手やね。そのまま涼仙まで付きいちで走る。涼仙の上りも付いていけなかった。ここで彼についていけるようになったら、丸岡のシニアCクラスなら楽勝にトンネルをTOP集団で通過できるだろうに・・・・。前から後ろへと~~♪付いていけなかった。彼は、涼仙を周回するようなので、そこで別れる。79kmの走行。

76

2007年7月26日 (木)

古城決戦仕様

って、第1集団についていけるかが、目標なんですけど・・・ね。TREKのホイールをシマノカーボンに換えて、多度、多度山1本、涼仙と走る。2時半に床につき、6時半起床。7時半から走り始める。仕事疲れで調子が悪かったが、カーボンホイールのなめらかな走行感に助けられて59kmの走行。

2007年7月23日 (月)

昨晩の食事後

Dscn13251

腹十分目です。

なんで、この画像を載せたかって?

沖縄130km完走、目指してます。

野生の王国

Dscn13261 Dscn13271 Dscn13281 Dscn13311

グェーって鳴き声が聞こえたので、外を覗いてみると

自宅前の休耕田で、いたちがカエルに襲い掛かっていました。

いたちは一度離れていきましたが、また戻ってきて、カエルを引きずっていきました。

2007年7月22日 (日)

失速

慌てて仕事をしていたのでチョンボしてしまう。完全に頭から離れていたし、いろいろと同時刻にやることが重なってしまい、いつもチェックを入れるところが抜けたまま指示してしまい、そのままスルーしてしまった。あくる日の夜勤で教えてもらって、かなりへこんでしまう。結果的にはオーライであったが、明け休みの今日も頭からそれが消えず、もやもやしたまま、昼から涼仙に向かう。途中、念仏橋で練習会の帰りのN西しと会う。かなり疲れているようで今日の練習会のハードさが漂っていた。リーダー、Y岡さんの仕上がりも良いところにいっているとか、今日のメンバーとかしばらく話をして、別れる。話をしている間は、嫌なことを忘れていて、ちょっと気分がすっきりした。涼仙に着くと、ゴルフ場の拡張工事か、日曜日なのにダンプが土ぼこりを立てて走っていたので、イナティーを2周回して、多度経由で帰る。この夏一番の暑さを感じ、ペースがどんどん落ちていく。無理は出来ないとポタリングモード。60kmの走行。

明日は、早起きして、がんばるぞっと。・・・・ってことは、ビィノクロフが仕掛けてくるだろう、14ステージ、ゴールまで見れないってこと。

チームの仲間がレースで落車、鎖骨を骨折した。路側帯のライン1本分あれば、堤防の端っこでも走ってしまう、安定した走りのできる彼でも、スプリントで進路を塞がれての落車だったようだ。昨日、リーダーに電話して、お見舞いに行こうとしたが、手術が終わり、退院するとのこと。2年前の僕がそうだったように、怪我して動けなくなると、社会人として大きな不都合が発生する。早期の回復をお祈りします。

2007年7月20日 (金)

にぎやかな元気村コース

昨日の元気村コースは、平日なのにLOOK、TREK、TIME、そして僕のスコットが走ってました。結構、皆さん追い込んで練習してました。ぼくはLSDに毛が生えた程度の走り。元気村コースの大回りで9周回+ちょっと。まぁ、それなりにはしれました。でも昼から職場についたら、気が滅入る状態。2時間残業で今帰ってきました。今晩も忙しくなるようなので、今日は完全休養ってことにします。・・・・・・・でも、丸岡も近づいているのに、この状態で、いいのだろうか。(涙)

2007年7月19日 (木)

黄色のスペシャの人は速かった

7/16 自転車通勤 帰りは小雨に降られるも、気持ちよい。リュックを玄関に置いて、元気村コース3周回。元気村から釣り餌店まで40k/hを下回らないようにもがく。ちょいと気持ち悪くなったけど、3回でけた。

7/17 自転車通勤 今日も明るいうちにかえるつもりだったけど、バタバタとして、夜になってしまい、ちと悲しい気分。

7/18 仕事前に堤防を遡り、二の瀬へ。多度町南の郷の橋を渡ると、前方に細いタイヤを履いたMTBが1台、いいスピードで走っている。追いつこうと、僕もペースをあげて38KM/H(追い風です)。「おはようございます」と言って追い抜く。ちょっと体重がありそうだけど、脚はしっかり締まっている。ぴたりと後ろに付かれて、しばらく走ると、ローテーション。フルサスのMTBに引いてもらうのも、なんやなぁ~、とすかさず前に出直し、1KM/Hほどペースアップしたら、離れていってしまった。あの体格は、外人さんやったかも。黄色のスペシャでした。二の瀬は39×19で上り、24分ぐらい(ここも追い風)。でも、まぁ、まぁかな。その後は、疲れてしまっていまいちの走り。沖縄130KMを完走するにはこのコースを2周回だもんなぁ。僕には無理かもなぁ。・・・一応、カブトの輪行函を手に入れて準備してますが・・・。

2007年7月15日 (日)

雨上がりは、パンク

台風4号は東よりに通過していってくれたので、北部だけ暴風域に入らず、助かりました。それでも、夜は雨戸に叩きつけられる雨音にびくびくしてました。

朝、吹き返しの風が吹き出す前に、小雨がぱらつく中スタート。走るだすと雨はすぐに止む。ところどころ水溜りが残る元気村コースを周回。昨晩、ひび割れていたミシュラン・プロ2をはがし、ビットリアCXに交換してあったので、やっぱ新しいタイヤは心持ち軽く走れるなぁ~と気持ちよく4周回し、5周回目、あれれ、重いんじゃないと気にして、後輪を見るとパンクでした。2mmほどのガラス片が突き刺さっていました。チューブを交換して、空気を入れたものの、ガラス片が突き刺さった切れ目が口を開けていたので自宅に戻り、瞬間接着剤で補強。チューブラータイヤやったら泣いたやろな。雨上がりはパンクの確立高いね。一度戻って、もう一度走りに行こうという気持ちにならず、40kmで終了。BB回りに付いた砂を洗い流していたら、1台のロードが自宅前の堤防を走っていきました。彼もここ数日の雨で欲求不満が溜まっていたんだろうなぁ。

2007年7月13日 (金)

続きますね、、、雨

うっとおしい雨が続きますね。汗に濡れたシューズにカビがはえてきそうです。

さて、またまた、まとめての練習日記です。お待たせしました、なんて。

7月7日  晴れ女の嫁さんを連れて、乗鞍に行ってきた。片道4時間半、練習は鈴蘭から畳平までの1本だけ。自分でもようやるわと、思っている。上っている間、嫁さんには、散策して、ゆけむり館で風呂に入っていてもらう。10数台の自転車が上っていたが、皆、ゆっくりしたペースで楽しんでいるようだった。道路までせりだした、大雪渓の間を走るのは、夏の大会のときとは、一味違った。雲の中でもあったので、ちょっと幻想的だった。  

7月8日 練習会の日。でも昨日の車の運転で疲れたのか、朝起きられず、行けませんでした。後で、リーダーの日記見て、行っていたとしても、すぐにリタイヤしてしまいそうな内容やったみたいです。シーズン中のチーム練習は、レベルが高いからなぁ。僕の力ではなかなかついていけません。夕方、元気村コースを4周回、はしっただけでした。

7月9日 自転車通勤のみ

7月10日 仕事前に、元気村コース 3周回。体重が1,5キロ減ったので、レーパンの腰ゴムの窮屈さが少し解消。

7月11日 仕事前にローラー60分。アップ30分、ダウン30分???心拍120程度で、ペダルを回していただけでした。

7月12日 雨が上がったと思い、多度、涼仙へと堤防を走る。ところが、名阪のガード下をくぐったあたりから、雲行きが怪しくなる。みるみる、うす曇だった空が真っ暗になり、風が吹き出したとたん、大粒の雨。(あとでニュースをみたら時間当たり20数ミリの雨だったらしい)の中を走る。もう、堤防から揖斐川へ流されてしまいそうと思い、ハンドルを握り締めペダルを踏み続ける。踏むのをやめるようなら風で吹き飛ばされそうでした。多度に着くと、さっきの豪雨は嘘の様にあがり、山々の谷間から雲が湧き上がってきて空気が澄み切ったような感じで気持ちよく走れる。涼仙までくると、鈴鹿の山も見え始め、さらに気分よくなる。ウェアーもパンツも、バイクも乾いてきた。ところが、員弁川の中央大橋までやってくると、さっきまで見えていた鈴鹿の山が見えなくなり、雨雲が多度山を覆い尽くそうとする。なんとか、乾いたままで家に戻ろうと、ペースをあげる。後ろから雨が追いかけてくるのがわかった。自宅まであと5kmってとこで、また土砂降りの雨に追いつかれてずぶ濡れ。久しぶりに、手足の指がふやかってしわしわになってしまうほどの雨の中で練習をした。フレーム、ホイールから水が湧き出してきています。

7月13日 夜勤中日 昨日の雨中走行で、腰が冷えたのか、腰が痛くなる。完全休養 。腰を庇いながら、チェーンにタクリーノオイルを、変速機にメンテルーブを注油する。

2007年7月 7日 (土)

ホワイトプラネット

Norikura777 ぜんぜん寒くないのが、不気味・・・・・

2007年7月 6日 (金)

今日の走りは◎

昨日は元気村コースをゆっくりと3周回。DHバーをつけて気持ちよさそうに乗っている女性?きっと女性?と2回すれちがう。。27kmの走行。

今日は明け休み。涼しかったので13時まで、ぐっすり寝ることが出来た。昼から涼仙ゴルフ場まで追い風に乗ってクルクルペダルを回す。涼仙ゴルフ場を3周回。上りは、追い込んで走ったが、3周回ともたれずに、なかなかええ感じで走れた。よしよし。67kmの走行。

マドンSSLX ホリゾンタルのフレームで最軽量なんていっていたTREKが、スローピングになるんやね。GIANTに似た感じですね。http://www.cyclingnews.com/tech/2007/probikes/?id=levi_leipheimer_discovery_madone

2007年7月 4日 (水)

アディクトのシートクランプ(その2)

朝、雨が降っていない。道も乾いている。蒸し暑さもさほどなく、気持ちよい。昨日、雨に濡れたスコットに乗って水をきるのにちょうどよいや。7:00、サドルの固定も確認したいし、武平に行くことにした。30km/hぐらいで走って通学途中の学生を抜いていく。女子生徒のルーズソックスはいなくなったね。(帰ってから、家内と買い物に出かけたとき、家内も同じことを言っていたので、ほんといなくなったのかも、スカートは相変わらず短いですが…。)自宅から武平のスタート地点まで56分20秒。自分にとってはなかなかのペース。濃い目に作ったCCDドリンクをひとくち、ボトルの水を二口飲んで、スタート。はじめは16~17km/h、希望荘手前で13km、熊牧場で11km、蒼滝橋の手前から10km、料金所から12~14kmに回復するも、コーナーごとに落ちていって、36分20秒。あぁ、せめて36分は切って上りたい。下りはサドルの後ろに腰掛けて、速度減速帯の段差でチェック。大丈夫かも。でも適正トルクより強く締めこんでいると思う。(トルクレンチ持ってないので感覚ですが。)ミシミシ音も少なくなったので、これで様子見ます。乗鞍のときにスコットのブースがあったら聞いてみようか。67kmの走行

アディクトのシートクランプ

僕のスコットアディクトのシートクランプ、調子悪いです。サドルとの相性が良くないのか、ミシミシいうし、先日の二ノ瀬での下りで、サドルに体重が乗ったまま、小さな凹に入ってしまったとき、サドルががくっと後ろに傾いたりと、調子悪いです。先日の練習会で、スコットは・・・って聞かれたけど、そういうわけで乗ってません。床の間の飾りにはしてないです。だって家の床の間なんて、自転車置けるようなスペースないもの。で、今日、サドルのレールにシールテープを巻いて、締め付けてみました。デュラのシートピラーとチタンレールのときもこれで、ミシミシ音は解消していたから。でも、いまいちです。サドルはセライタリアSLRゲルフロー、バノックスレールなんだけど、こんな悩み持っている人いませんか?。サドルが後ろに傾くのは、当たり面に付属していたペーストを塗って、もう大丈夫かも。今日、雨の中でテストしました。でもサドルに腰掛けたときのミシミシ音、気分悪いなぁ。

Nec_0071

7/2 元気村コース 27km

7/3 同じく元気村コース雨の中 27km

2007年7月 2日 (月)

藤原TT

藤原TTのアルバム バイ T.ヤマダ

http://www.picmate.jp/196929900/albums/72361/

ヤマダさん、ありがとうございます。

みなさん、かなり真剣に走ってます。そういう僕も、歯を食いしばって走ってます。奥歯に負担かかって、また歯がかけてしまいそう。

 

2007年7月 1日 (日)

練習会

私用で年休をとっていたけど、昼過ぎからちょっと、ちょっとだけになったので、久しぶりに練習会行くことにした。今日は鷹組との合同練習会で藤原のほうでTTをするとのこと。朝の集合時間に間に合いそうになかったので直接、藤原方面へ。コースの場所がわからなかったら、鞍掛に上って、帰ればいいやと走っていたら、ちょうど鷹組の若者が走ってきた。コースまで一緒させてもらい、無事到着。軽く2周回ほど試走。だらだら上って、直線の下りで平坦はない、路面はあまりよくない。また、苦手な右回り。集まったのは21名。Y田さんはカメラマンってことで出走は20人。第一、第二グループと10名に分けての個人TT。30秒間隔でスタートする。第一グループが走っている間、中間辺りのコーナーで監視役。みんな気合が入った走りだ。第二グループの8番目が僕のスタート。サドルを持ってもらってのスタンディングスタート。バイクが斜めになっていたけど、まぁいいや。10、5、4、3、2、1、スタート。気分はツール・ド・フランス。心拍はぐんぐん上がり170。でもスピードは上がらん。1周目、ギヤーに戸惑いを感じながら走る。2周目、前走者との距離が少し詰まってきたので、追いつこうと意気込みすぎて、KOMのところで失速気味になる。3周目、喘ぎながらも、前走者を追い越すが、僕もいっぱいになってしまい、そこからの切れがない。回転と腿の上下移動を大きく動かすよう意識して上りきり、後は下ってゴール。maxspeed 68km/h。maxHR 178。ここ最近、こんなにあげたことありません。限界超えてました。休憩後、2グループに分けて、90分走ることになったけど、2周目で切れてしまう。とぼとぼと3周したところで、帰る時間になったので、N西さんに軽く引いてもらいながら員弁川沿いの遊歩道を通って帰る。94kmの走行。

鷹組のK親分、お世話になりました。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ