« 今日の堤防は危険 | トップページ | オイル »

2006年12月 3日 (日)

雨の中のロングラン

今日は、リーダーの練習に付いていこうと早起きをした。ところが、自宅の空は明るいが、山の方は真っ黒の空。多度のほうには虹がかかっていた。1186

で、藤原のライブカメラを覗くと、雨が降っている。今日はだめだなと諦めていたら、ライブカメラの映像に陽がさしてきた。白くなった鈴鹿の山もちらりちらりと見えてきた。出発することにする。・・・・が、寒い。引き返してベストからウィンドブレーカーに着替えて、再出発。8時までに朝明公園に着くのは無理そうなので、リーダーに電話をいれる。予定通りのコースで決行するとのことで、阿下喜のミニストップ辺りで合流することにした。

合流地点でしばらく待つと、リーダー、K君、H君のSクラスの3人が向かってきた。彼らのLSDというと、僕のペース走とかわりないから、千切れたら引き返そうと思い、後につく。抑えて走ってくれているのか、巧くドラフティングして走ると、ちょうどLSDの域に入る。で、一度も前に出ず、つきいちの参加で、ごめんなさい。

藤原に入ると、路面は濡れているが、雨は降っていない。ところが上石津トンネルの横の旧道に入って、トイレタイムをとってから、ポツリポツリと雨があたる。下りに入ると、雨が本格的に降りだした。冬は雪がよく降るところだけあって、気温もグッと下がっている。手先も爪先もしびれてくるほど、冷たい。あっという間にウィンドブレーカーの中も濡れてきた。寒ぅ~。名神高速と並走する堤防を下っていくと、雨は止み、日が射してきた。でも手足が冷えて体調をくずしそうな感じ。信号も無い堤防を、ほぼノンストップで南濃まで下り、木曽三川で開催されているCリーグに立ちよる。ここは、良い天気だ。残念ながら、N西さん、Nがやさんのレースまで時間があったので、応援せずに、長島方面へ向かう。ここで、K君は、多度経由で自宅に向かった。長島の堤防は広くて、真っ直ぐで、ぼーっとしてしまうぐらい暖かい。追い風に乗って、あっという間に長島温泉。そこからは、向い風。もし、僕が先頭に出たら20km/hは下回ってしまいそうなのに、リーダー、H君が風除けになってくれて、25Km/Hで遡る。23号線で長良川を桑名方面に渡り、H君と別れる。リーダーとは、朝日の手前で別れて、120kmの走行。来年は、リーダーも沖縄200kmを目標にしているそうだ。僕も、来年こそは挑みたい。でも80kmなら完走できると思うけど、130kmに出るには、かなりの走りこみが必要と、今日のLSDで実感。

帰宅後、シャワーを浴び、洗車して、シートポストを抜いて、フレームに入った水を抜く。その後、足をゆっくりとマッサージ。また、今度の休みは、長距離を走ろうと思うのでした。

« 今日の堤防は危険 | トップページ | オイル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の堤防は危険 | トップページ | オイル »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ