« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

元気村

元気村の周回コース、1周7km。2周目に気合を入れて走っているローディー1台とすれ違う。僕は軽く5周回。ようやくカーボンホイールの効能がよくわかるようになってきた感じ。堤防を一度降りてまた上がるときの立ち上がりなんか、すごくスムースに上れるし、スピードの変化に対応するレスポンスがすこぶる良い。5日のレースが楽しみだ。なんて言っていて、1周目の頂上で切れてしまったりするのかなぁ。

昨日の走行距離 51km  本日の走行距離 42km

2006年10月30日 (月)

晴れこころは曇り

今日もいい天気でした。でも気分は曇り。

Nec_0027 まぁ、いっか。

2006年10月29日 (日)

二之瀬は自転車天国

昨日は、完全休養っていうか、「OVER COMING」が届いたので、仕事前に見ていたら、めっちゃ疲れてしまって、自転車通勤も出来なくなってしまう。ちょっとどろどろした映像でした。で、CSCの乗る、サーベロR3が欲しくなったりして・・・・・なんてこと無いです。

2勤が終わって、2時に就寝。さすがに朝一に起きられず、8時起き。朝食をとってから元気村、二之瀬と追い込まずに距離だけ乗ってくる。来週の日曜日も同じパターンの勤務なので、朝起きるのが辛いレースになりそう。

日曜日とあって、二之瀬は自転車乗りがたくさんいた。TCCのヒルクライム大会って今日だったの?忘れていた。まぁ、朝起きられなかったから、出ることは出来なかったけどね。

帰ってから100円ショップで、ジュニア選手権の応援用グッズを購入。Nec_0026

ぱふぱふホーン

走行距離 72km 弱

2006年10月28日 (土)

追悼

松本サイクルの松本さんがお亡くなりになったことを、コナさんのブログで知った。少しづつ良くなってきているものと思っていたし、CS誌のタクリーノのしぼりかすってページで松本さんのことが載っていたし、松本サイクルさんの掲示板ではボーネンレプリカなんぞを組上げたとか書いてあったし、・・・・・きっとよくなって、また乗鞍に顔を出してくれるものと思っていた。ご冥福をお祈りいたします。

2006年10月27日 (金)

快調

昨日はロードで通勤。寄り道もせず、のんびり走って休養。今日はいつもの元気村、多度、涼仙ゴルフ場コース。今、すごく走れる感じがする。上りも快調上れるし、今なら二之瀬で23分をきれそうな感じ。でも、レースまで、あと10日あるし、仕事もこの間に一時忙しくなるし、息子の引越しのこともあるので慌ただしくなりそう。うまく練習時間を作ってやりくりしよう。そして、今度のレースは積極的に走れるようにしよう。  走行距離 50km 中

2006年10月25日 (水)

いい天気

ここ最近の指定公休で天気がいいのは今日ぐらいかもと思うぐらい、天気がいいので、本当に指定公休か職場に電話を入れたほど。「ゆっくり休んでください」なんて言われたけど、ゆっくりしないで今日も自転車に乗るぞっと!!

東急ゴルフ場まで自走。途中、小島の手前でTREKに乗った同年ぐらいの人を挨拶をかわして追い越す。左足が異様にがにまたみえたけど、TIMEのシューズを履いていたので、膝がおかしくならないのかしら。R-306はhttp://www.mapion.co.jp/c/f?el=136/37/38.464&scl=70000&uc=1&grp=all&nl=34/57/42.703で通行止めになっていたので、ちょっと戻って、農道を山の方に入っていったら、ラッキーなことにリサーチパークまで行けた。四日市ステージのコースでは、平日なのにロード乗り3台に会う。水曜定休日の自転車乗りも多いのかしら。3周回走って、3周目は浄水場の坂もゆっくりと上って、ピークで休憩。ふれあい牧場も覗きに寄ったりとほとんどサイクリングモード。でも、東急ゴルフ場沿いの上りではmax180bpmまで上げたもんね。今期最高かも。

気付いた事は、コース上で、四日市スポーツランドの駐車場横を通るときは、車の影から子供が飛び出してくるから練習するときは注意してね。その先の車止めのポールを立てる穴は取り除かれて舗装してありました。

Nec_0019

アジア選手権コースのピーク

Nec_0022

ふれあい牧場の小牛

Nec_0024

カーボンホイールに噛み付くカマキリ

走行距離 92km  中

2006年10月23日 (月)

11月5日に備えて

11月5日の四日市ステージに備えて、雨でも余裕を持って走れるように、雨中走行練習。いつものように元気村から多度、涼仙ゴルフ場、墓地公園とずぶ濡れになりながら走ってきました。雨の下りの怖いこと、わざと後輪をロックさせてみたりしていたら、本当に滑って転びそうになりました。危ない危ない。やっぱ、雨が降ったらDNSになりそうね。走行距離51km 中

第7回鈴鹿8時間エンデューロ

夜勤の中日で応援に行けなかったけど、チームは好成績だった。Aチームなんか、8時間走って、51秒差で2位・・・・・悔しかったかも。Bチームも15位。すげぇ~。みんな頑張ったね。

http://suzuka8h.powertag.jp/2006/result/index.html

Cリーグ鈴鹿大会

土曜日、Cリーグ鈴鹿大会のスポーツ2クラスに参戦。久々の鈴鹿サーキットで緊張気味。
日が昇る前にパドック駐車場に入り、受付をすます。プログラムをみて、クラスのエントリー数を確認。あまり多いと落車が心配と気になっていた。82名。思っていたより少なかった。年代別だと、大体のペースがつかめそうなんだが、今回はどんな感じなのかわからない。ターミネーターのSさんが一緒なので、Sさんについていたら間違いないかと、自分に納得させる。
3周回試走して、体をほぐす。シマノ鈴鹿とちがって試走する人も少なくコース内は閑散としていた。でも、場内アナウンスが大会を盛り上げてくれている。
ビギナークラスから順次スタートし、スポーツ2のスタート。10秒前・・・・・「カスッ!」・・・ピストルの音がしない。で、スタートの仕切りなおし。次はOK。後方からゆるりとスタート。慌てなくても、シケインまでの上りで、速度は落ちて行き、集団は一塊となる。
西ストレートの下りに入ったところで、左前から罵声がしたと思ったら、カポーン、カポーンと落車。音からして、カーボンフレームだったんでしょうね。スタートして1KMもしないうちにお気の毒。僕も、あと2台ほど前にいたら、足をついたかも。右に追いやられて、数メートル芝生を走り復帰。130Rで追いつき集団に合流。でも、気分はブルーになり、集団の後ろをひらひらと走っているだけ。僕の後ろについていた人たち、ふらふら走っていてごめんなさい。2周目は3周目のことを考えながら走行。で、3周目、デグナーカーブでインをついて前に出たかったけど、アウト側のまま入り、それもオーバースピード・・・・・コースアウト寸前・・・ひやっ~~。立て直して、またまた集団後方。S字も無理せず下って、最終コーナーは予定通りのイン側。でもスプリントはもう間に合わんと思い、足を緩める。が・・・・集団のスピードがあまり乗っていない。追いついちゃう。ペダルを踏みなおす。足を緩めずに、踏んでいったら十分に追いつけたのにと、後悔しまくりでゴールの25位。

帰ってからネットでリザルトを見ると年代別も順位があったらしくて+50では2位でした。
前にいたSさんを抜いていたら1位だったのに、なにか景品もらえたのかなぁ。

一昨日の送別会

送別会といっても、会社と違って、自転車仲間の送別会は楽しいねぇ。次の日、レースっていうの生ビール3杯と焼酎1杯も飲んでしまいました。主役のささきさんも大喜びでよかったです。
遠く離れても自転車でのつながりは続くと思います。白馬ツーリングの機会があったら誘ってくださいな。

Nec_0018 シマノ鈴鹿ウィナージャージがかっこいい!!

2006年10月21日 (土)

仮の投稿です・・・

ささきさんの、送別会、楽しかったです。・・・楽しいなんて、なんか変ですけど。

今日のCリーグのスポーツ2、とりあえず完走。

送別会のことも、レースのことも、後ほどで。すまそ。

2006年10月20日 (金)

三日まとめて

みんな、見た?ジロ・デ・ロンバルディア!!ベッティーニの走り。録画しておいたのを、ようやく見ました。かっこええなぁ~。あんな走り方が出来たら最高やろなぁ~。上りのダッシュも凄いし、下りなんて、もうパーフェクト。前も言ったけど、チームのリーダーの走り方とそっくりなんだよね。

さて、僕の練習はと言うと、17日・・・・朝、起きられず、朝練はパス。帰ってから、ライトをつけて元気村コースを2周回だけ。22km

18日・・・・10分早めに出勤、シドニー港通りを一往復してから職場に入る。帰宅後、元気村コースで400mのスプリントを4本して気持ち悪くなり終了。 22km

19日・・・・元気村コースから多度山へ。心拍は150から160bpm。多度山で170まで上げて上りきる。大体21分台。ギヤーは39×23。復路でちょっとペースを落としていたらフォンドリエストのマックスカーブに乗った人が追い越して行ったので、暫く後について休憩してから追い越す。前も会いましたねなんて、一言二言会話を交わして、前を走っていたら離れてしまう。彼はちょっと重いギヤーを踏み過ぎのようでした。 48km 中、強

今日は、十分休養して、夜はチームのSさんの送別会、そして明日は久々の鈴鹿サーキットで走る。こけないようにしてレースを楽しもう。

2006年10月16日 (月)

リカバリー

昨日の明け休みに頑張りすぎたので、今日はインナーで堤防コースを4周回。秋晴れで最高の気分。もっと長く乗っていたかったけど、孫が遊びに来るというので、33kmで終了。南部丘陵公園へ連れて行き、のんびりと過ごす。また明日から朝練がんばろうか。Nec_0011

雲ひとつ無い堤防コース

2006年10月15日 (日)

明け休み

最近、夜勤の仕事量が増えて、明け休みはほとんどぐたぐたと寝ていることが多いけど、今日はちょいと頑張ってみました。13時まで仮眠して、あまり負荷を上げないでトヨタ車体、中津原、二之瀬へ。心拍は140から150程度。これぐらいなら、夜勤明けでも何とか走れます。落ち葉が散る、二之瀬の上りは160から165で往復。南濃側は神社前からぎりぎりの23分台。せめて23分を切れるぐらいで走れるように戻りたいなぁ。日曜日とあって、夕方でも数台のローディーと会いました。本日の走行距離 85km 弱 中     

2006年10月10日 (火)

暗闇の練習

4時30分、家内が起きないように、こそこそと支度をして暗闇の中、多度コースを1周回。周りが暗いとスピードが出ているように思えるが、実際はぜんぜん出ていない。5km/hほど感覚がずれる感じ。多度近くまで来ると、空が白みかけてきて、また一日の始まりだ。自宅に戻ると、家内がコーヒーをいれてくれていた。ありがとう、やっぱり、これだね。朝食をとり、今日もロードレーサーで通勤。  走行距離 50km 中

2006年10月 9日 (月)

ロードバイクで通勤

今日は万場クリテとか富士ヒルクライムの日。でも僕はお仕事です。目覚ましは4時45分に鳴ったものの、アラームを消してまた寝てしまう。6時にようやく起きる始末で、朝練する間も無く出勤。でも、やや早めの出勤だったので、ロングビーチ通りを一往復してから職場に入る。あと一往復できそうだったけど、なにか嫌な予感がして、職場に入ったら案の定トラブっていました。何とか午前中に始末ができたので、帰りは定時。リュックを担いだまま、元気村コースを2周回して帰宅。21日の鈴鹿は、来月の四日市ステージの予行演習のつもり。うまく四日市ステージに向けて調子が上げていけたらなぁ。 走行距離 通勤を含んで34km 弱

2006年10月 8日 (日)

乗っていません

2日前には明日から乗るぞって言っていたのに、自転車に乗っていません。それも公休日なのにのってません。4日も乗らないと、自分で言うのもなんですが、折角調子が上がってきていたのに残念です。夜勤からあごの下のリンパ腺が腫れて、痛くなり始め、公休日の昨日、今日と痛みのピーク。鎮痛剤で抑えていたにもかかわらず、のたうちまわっていました。夕方になってようやく治まりかかました。口内炎?それにしては喉の奥の方だし、まさか○○癌なんてことはないだろうな。今もつばを飲み込むとビクッと痛みます。明日は乗れるでしょうか?2週間後に迫った鈴鹿でのCリーグ、せめて集団の最後方でいいから先頭集団でゴールしたいのだけどなぁ~。

天王サイクリングクラブから06二の瀬HCシリーズ戦の案内が届きました。一度しか出たことがないんだけど、毎回案内を届けてくれます。次回は10月29日と11月26日です。TOPは17分15秒、同年代の○本さんは20分13秒の記録を出しています。今の僕は25分ぐらいかな。チームのH君なら、TOPのタイムと競るのではないでしょうか。日が合えばまた出てみたいと思っています。

2006年10月 6日 (金)

ちょっと安心

ようやく、明日、家内が帰ってくる。ちょっと安心。家内が家のことをやってくれているので、僕が自転車を楽しんでいられることを実感。走ってきたらジャージを洗ったり、食事の準備をしたり、直ぐに時間が経ってしまい、出勤時間になったりと、しんどかったです。単身赴任している人たちの大変さがよく判りました。昨日、今日と完全休養。明日は練習できるかな?

2006年10月 4日 (水)

雨中走行できず

6時50分、小雨の降る中、スタート。5kmほど走ると雨が止む。ずぶ濡れ覚悟で走り始めたのに、多度までくると路面も濡れていない。多度役場裏の上りに、栗の毬が転がっていて、踏んだらパンクするかもと避けながらアウターでヨイショ、ヨイショと上る。毬を踏んでパンクした人いるかしら。仮想丸岡の上りも、涼仙ゴルフ場の周回もアウターでゴリゴリまでもいかないが、ゴリゴリ 程度?で1周回。ようやく重いギヤーも踏めるようになってきた感触です。 走行距離 51km 中Nec_0004

堤防レーサーの定番コース 

2006年10月 3日 (火)

36分台

二日間の休養っていうか、走りたくても走れませんでした。で、今日は仕事前にタイムトライアル。Nec_0003_1 場所はタイムから想像してね。

今期、最速タイムっす!!でも追い風気味やったからなぁ~。走行距離 66km  中 強

チームリーダーのシマノ鈴鹿でのコメントが、http://www.shimano-event.jp/suzuka/2006report/04-interview.htm に載ってますね。走れるし、チーム員にたいして心遣いに抜けがないし、いやぁー、今になってもMS97に入ってよかったと思うこのごろです。・・・・・ほとんど練習会に参加できないけどね。僕は、若手を育てられないけど、通学途上の小学生たちのまえで、颯爽と走るロードレーサーの姿を見せて、「僕もロードレーサーに乗りたいなぁ」なんて心を芽生えさせよう・・・。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ